鍵のトラブル / 合鍵 / 開錠 / 防犯対策 鍵と錠・防犯のことなら カギの救急車 市原五井店におまかせください!県内日曜祝日も出張OK!

0120-26-9948

お客様専用フリーダイヤル

土日・祝日 出張工事OK

カギの救急車市原五井|トップ

カギの救急車市原五井|メニューアイコン

ドロボウの手口Modus operandi

行動パターン

服装

服装

ごく普通の格好や作業員・訪問販売員など、目立たない格好をしています。近所のコミュニケーションが希薄なほど狙われやすくなります。

下見

下見

ドロボウは、あらかじめ様々な手段で、侵入経路や逃走経路・住人の生活パターンなどの下見をします。ゴミだしや買い物・仕事で留守にする時間、住人の目の届きにくい部屋や窓、鍵を郵便受けに隠しているかなど、暮らしの中のわずかな隙も、知らないうちにチェックされています。

時間帯

時間帯

どの時間帯も一様にねらわれる可能性があり、安全な時間帯というものはありません。ゴミだしの時間、ちょっと買い物にでかけるなど昼間の時間帯は特に注意が必要です。

マーキング

マーキング

表札まわりなどに怪しいサインをみつけたら、「ドロボウが下見をした」または「悪質業者が営業目的で書き残した」目印かもしれません。もし心当たりのない書き込みやシールがあったら、すぐに「消す・はがす」ことをお勧めします。

侵入の手口

ピッキング

ピッキング

鍵穴に針金に似た特殊工具を挿入して、鍵を不正に開け侵入する手口です。

オススメの対策商品
ガラス破り

ガラス破り

ドロボウの被害のうち実に7割以上が窓からの侵入。住宅、オフィス、店舗などの弱い点は、いとも簡単に割れるガラスです。針金が入っているガラスにも防犯効果はありません。

サムターン廻し

サムターン廻し

外側から扉に小さな穴を開けたり、扉と扉枠の隙間か特殊な針金を差し入れて、室内側のつまみ(サムターン)を直接操作し、不正に開錠する手口です。

●事例1 - 穴を開ける

ドアに1cm程度の穴を開け、針金や特殊工具で室内のサムターンを回して開錠

●事例2 - ドアの隙間

ドアの隙間から針金を差し入れて開錠

●事例3 - 郵便受けから

ドアの郵便受けをはずして直接手をいれてサムターンを回して開錠

●事例4 - ドアビューから

ドアビューをはずして針金や特殊工具で開錠

オススメの対策商品
カム送り

カム送り

一部の錠前で、鍵穴の周りの部品を引っぱるとドアとの間にスキ間があくものがあります。このスキ間に特殊な道具を差し込み錠前の内部を直接操作して鍵を開ける手口です。この手口はピッキングとは全く異なるため、耐ピッキングの鍵(シリンダー)に取り換えても関係ありません。

こじ開け

こじ開け

バールなどで強引に扉を破壊し侵入する手口です。

その他(合鍵の不正入手など)

その他(合鍵の不正入手など)

その他、不正に入手した合鍵を使い、住人を装って玄関から侵入するケースも報告されています。郵便受けや庭などにスペアキーを保管することは非常に危険です。また、第三者が容易に複製できない鍵に交換することも有効といえます。